サロン脱毛と医療脱毛の違いって何?

脱毛の際使う機器が違う!

脱毛には、大きく分けるとサロン脱毛と医療脱毛があります。この2つの違いですが、大きく違うのは使われている機器です。エステサロンではフラッシュ脱毛器が使われ、医療脱毛ではレーザー脱毛器が使われます。マシン自体の仕組みは同じなのですが、出力が大きく変わります。フラッシュ脱毛は比較的低出力で、レーザー脱毛は高出力のレーザーで脱毛が可能です。そのため、脱毛が完了するまでの期間は、医療レーザー脱毛の方が短くなります。サロン脱毛は、医療脱毛より通う回数は多くなりがちですが、その分価格が安いというのが魅力です。価格を取るか、通う期間の短さを取るかで、どちらで脱毛するか選ぶと良いでしょう。どちらが良いという物ではなく、目的に応じて使い分ける事が大切です。

肌へのダメージも変わってくる!

フラッシュ脱毛とレーザー脱毛は、肌へのダメージも変わってきます。フラッシュ脱毛は、レーザー脱毛よりも出力が弱いので、肌への負担が小さいというのが特徴です。痛みも感じにくいので、痛みが嫌という方にはフラッシュ脱毛が向いているでしょう。しかし、高出力のレーザー脱毛の方が、効果は高くなります。フラッシュ脱毛の場合、脱毛した後も細かい毛が再生しますが、レーザー脱毛は毛根を破壊して脱毛するので、同じ毛穴から毛が生えてくる事はありません。フラッシュ脱毛でも、何度か施術すれば毛の再生力を弱める事は可能です。毛が太い方や、完全にムダ毛を処理したいという方は医療脱毛が向いています。一方肌が弱い方や、それほど効果に拘らないという方は、サロン脱毛から試してみるのもおすすめです。